Siemens Tecnomatix CAD Translators 5.1.2

JT is an open data format to view and share 3D product information. JT was originally developed by Engineering Animation, Inc. and Hewlett Packard as the DirectModel toolkit (initially Jupiter). After several acquisitions, JT became a part of UGS Corp.’s suite of products. Early in 2007 UGS announced the publication of the JT data format as a master 3D format. Also in 2007, UGS was acquired by Siemens AG and became Siemens PLM Software, JT is now the common interoperability format and has been adopted as the long term data archival format across all of Siemens. On 2009 September 18 the ISO stated officially that the JT specification has been accepted for publication as an ISO Publicly Available Specification (PAS). On 2012 December, JT has been officially published as ISO 14306:2012. JT Open is a community of users, software vendors and OEMs. ITI Transcendata is a JT Open membership for CADfix.

 

jtを見ると3次元の製品情報を共有する公開形式のデータである。jtは当初エンジニアリングアニメーションによって開発されました、directmodelツールキットとして、ヒューレット・パッカード社(木星)。いくつかの取得の後、製品のugs社のスイートの一部となった。2007年前半にugsマスター3 dのフォーマットとして、jtデータ形式の出版物を発表した。2007年にはまた、これらのジーメンス社によって取得したジーメンスplmソフトウェアとなった今、jt共通フォーマットとの相互運用性を長期データアーカイブのフォーマットの中のジーメンスのすべてとして採用されている。2009年9月18日のiso jt規格isoは公的に利用可能な仕様として、出版のために受け入れられたことは公式に記載(pas)。2012年12月にiso 14306:2012 jt公式として発表されました。jtオープンユーザーのコミュニティは、ソフトウェアベンダーとoem。iti transcendata cadfixのjtオープン会員。

見積リスト


お名前 (必須)

メールアドレス(E-mail) (必須)

題名

メッセージ本文