GraphiSoft ArchiCAD 20 Build 5025

ArchiCADためのワークフローは集中、他のソフトと同じに参加できる仮想建物データの作成と分析。ArchiCAD開発のアーキテクチャを持って応援してIFC標準、それが気軽に接続して多種のソフトウェアと協同作業。これは、ArchiCADベースの建築方案が幅広く利用するデータを仮想建築建築作業の流れの各方面を覆う。
グラフィソフトEcoDesigner -が建築士ArchiCAD内部から使用はStruSoft開発の動きを経て、信頼性の高い認証のVIPCore計算エンジン急速に自分の設計案をエネルギー評価。建物のエネルギー評価報告書提供タイムリーなデザインにフィードバックし、設計を含んでプロジェクトの建築構造エネルギー、年度エネルギー消耗、炭素足跡、月次エネルギーバランスなど情報。
グラフィソフトVirtual Buildingページに細工を提供するためArchiCAD -は建築家の革新的な、インタラクティブな3 D展示ツールを設計疎通と展示に設立した新基準。ユーザーは、顧問、所有者など要らないArchiCADやVirtual Buildingページに細工の許可証で良好な3 D閲覧環境での全面的な理解の任意の設計段階の状況!

見積リスト


お名前 (必須)

メールアドレス(E-mail) (必須)

題名

メッセージ本文