ECS FEMFAT 5.3

ECS, a world leader in the automotive industry, has released 5.2a version of FEMFAT is performs fatigue analyses in combination with all leading finite element systems considering a multitude of fatigue influences including stress gradient, mean stress and various influences from production processes.

Commonly used interfaces to multi-body-simulation programs, optimization and measurement systems are employed to ensure full and convenient integration into your CAE tool chain.

At an early stage of the design process – long before time and cost consuming tests are performed – FEMFAT provides engineers with reliable information on the fatigue life of structures. Therefore it is possible to improve critical areas and ensure weight optimization from beginning on, which results in high grade prototypes and consequently leads to fewer development loops.

 

ecsは、自動車産業の世界的リーダーで、リリースのfemfat 5バージョンのすべての主要な有限要素システムの応力勾配を含む多数の疲労の影響を考慮したとの組み合わせで疲労解析を行い、製造プロセスからのストレスとさまざまな影響を意味します。
マルチボディシミュレーションプログラムに一般的に使用されるインタフェース、および測定システムの最適化を完全にあなたのcaeツールチェーンへの統合と便利を確保するために採用されています。
デザインプロセスの初期段階での時間とコストのかかる長い前にテストが行われているfemfatエンジニア・構造物の疲労寿命の信頼できる情報を提供します。そこで重要領域を改善して、初めから重量最適化を確保することができる、高品位のプロトタイプとそのループより少しの開発につながります。

見積リスト


お名前 (必須)

メールアドレス(E-mail) (必須)

題名

メッセージ本文