ECAD DIO 2014 日本語版

ECAD dio®では、電気制御からハーネス設計に関わる多様なニーズに対応し、以下のようなラインアップを用意しています。 お客様の設計環境に合った、最適な製品をご利用いただけます。

見積リスト


お名前 (必須)

メールアドレス(E-mail) (必須)

題名

メッセージ本文

UCAMCO.UCAM.v9.2

エレクトロニクス産業が急速に変化し激しい競争を繰り広げる中、CAMは、設計から製造に至る工程において極めて重要な役割を担っています。Ucamco社は、装置やソフトウェアにおいて30年以上の実績を有します。この経験を駆使したUcam Cam++ は、充実したCADとのリンク、エラー回避した迅速なツール生成、コスト計算やプランニングシステムとの自動統合、工場の生産性やプロセス収率の向上を直接的かつ測量可能なかたちで提供することにより、ジョブサイクルの所要時間を劇的に削減します。高度な製造テクノロジーに対応したダイナミックオートメーションやユーザーインターフェースを内蔵することで、最小限の訓練時間で迅速に展開できるようにしています。Ucamco社は新機能でUCAMソフトウェアを強化し続け、常にお客様の投資対象が最先端テクノロジーでありつづけるようにしています。Ucam Cam++は、MultiSession(マルチセッション)オペレーション、Rout Constructor(ルータ構築)ツール、Design Restore(デザイン修復)という新機能を導入しています。

比類ないCAM生産性

UCAM Cam++は、ビジネスの迅速展開やワークフローの完全カスタマイズに対応できるダイナミック機構を内蔵し、すぐに自動化が可能な状態で提供されます。労力の削減に寄与する機能として、基板の自動構築、マニュアル作業を要しないネットリストやテストポイントの自動生成、収率を考慮した自動面付けなどがあります。また、1つのジョブを作業している最中に、他のジョブを見る必要に迫られることはありませんか。そのような場合にジョブを閉じる必要はありません。MultiSession機能を利用し、ご自分のワークステーションに必要な数だけ複数のジョブを開くことができます。

Ucam Cam++ Visual HyperScript (VHS)

Ucam Cam++ Visual HyperScript (VHS)を用いてスクリプトを記述することにより、オペレーターレベルでの自由な自動化を実現します。反復的なタスクを記録したり新たなCAMルーティンを記述すれば、お客様のCAMフローを自動化したり、CAMをお客様のビジネスシステムと密に連携させることができます。VHSの機能ライブラリには、1000以上のコマンドがあります。VHSエディタ(写真参照)では、一貫したプログラム環境およびデバッグ環境を提供しており、作成済みもしくは記録済みのスクリプトをテストできます。スクリプトは、カスタムツールバーやランチパッドに追加することができます。

サプライヤーとしての評価を向上

UCAM Cam++では、包括的なインテリジェントデータのインプット、設計や製造に関する事項の迅速かつ明解なリポーティング、製品信頼性の向上、納期の向上を通して、サプライヤーとしての評価を高めます。

工場の生産性&収率

UCAM Cam++は、高度な製造テクノロジーを採用しています。ダイナミックエッチング補正によるHDIエッチング収率の向上、強力なBGA最適化、埋め込みレジスタの入力・検証・テスト出力、SmartDrill(ドリル放熱最適化)によるドリル時間の30%迅速化およびマイクロビアの収率向上、強力なRout Constructor(ルータ構築)ツールによる複雑な属性の設計や検証、uFlex機能による長期屈曲信頼性をも目指したフレキシブル回路の最適化、Smart Adjacencyを用いたフライングプローブ検査時間の削減などがあります。

不良回避ツール

UCAM Cam++は、レイアウトデータの他にも、ネットリスト情報、カスタマーの仕様、設計図面、製造ルールを、1つのエンジニアリングデータベースに取り込みます。そのデータベースを元に、ベンダーに係わらず、DRC(デザインルール)やDFM(製造性)の自動確認を行います。自動DFMルーティンにより工場生産性を最適化します。UCAM Cam++には強力な自動セキュリティツールがあり、オペレーターの偶発的なエラーを検知します。フレキシブル回路については、別途、UCAM uFlexカタログをご覧ください。

Ucamco.UCAM.X

不良回避ツール

UcamXは、レイアウトデータの他にも、ネットリスト情報、カスタマーの仕様、設計図面、製造ルールを、1つのエンジニアリングデータベースに取り込みます。そのデータベースを元に、ベンダーに係わらず、DRC(デザインルール)やDFM(製造性)の自動確認を行います。自動DFMルーティンにより工場生産性を最適化します。UcamXには強力な自動セキュリティツールがあり、オペレーターの偶発的なエラーを検知します。フレキシブル回路については、別途、UCAM uFlexカタログをご覧ください。

様々な環境へ統合

全てのインターフェース、CAD/DFMへのアップストリーム、製造や品質管理に至るダウンストリームをお客様へ提供いたします。UcamXは、業界標準となっている様々な電気検査機やAOI装置、フォトプロッタ、ドリル・ルータ装置、ダイレクトイメージャーに対応しており、自動で各装置用に最適化したツールを生成し出力します。製品パラメータは、連携する製品マネージメントデータベースへ簡単にアップロードできるほか、様々なフォーマットで他のCAD/CAMシステムへアップロードすることも可能です。

自由で高度な自動化を実現 

UcamX Hypertool を用いてスクリプトを記述することにより、自由で幅広い自動化をカスタマイズすることができます。バッチシーケンサーとは異なり、HyperToolでは、中枢を担うCAM機能全てにアクセスすることができます。お客様のプロセス自動化を簡素化し促進させます。新たなCAMルーティンを記述して新しいテクノロジーを自動化したり、CAMをお客様のビジネスシステムと密接に連携させることができます。Java™を搭載していることから、Hypertoolは構造化され、強固で信頼性が高く、完全にUcamX GUIに組み込まれていることが分かります。

比類なきCAM生産性

UcamX は、ビジネスの迅速展開やワークフローの完全カスタマイズに対応できるダイナミック機構を内蔵し、すぐに自動化が可能な状態で提供されます。労力の削減に寄与する機能として、基板の自動構築、マニュアル作業を要しないネットリストやテストポイントの生成、収率を考慮した自動面付けなどがあります。また、1つのジョブを作業している最中に、他のジョブを見る必要に迫られることはありませんか。そのような場合にジョブを閉じる必要はありません。Load Balanced Sessions機能を利用し、ご自分のワークステーションに必要な数だけ複数のジョブを開くことができます。

UcamX Visual HyperScript (VHS)を用いてスクリプトを記述することにより、オペレーターレベルでの自由な自動化を実現します。反復的なタスクを記録したり新たなCAMルーティンを記述すれば、お客様のCAMフローを自動化したり、CAMをお客様のビジネスシステムと密に連携させることができます。VHSの機能ライブラリには、1000以上のコマンドがあります。

VHSエディタ(写真参照)では、一貫したプログラム環境およびデバッグ環境を提供しており、作成済みもしくは記録済みのスクリプトをテストできます。スクリプトは、カスタムツールバーやランチパッドに追加することができます。

Ucamco社の製品内での位置付け

Ucamco社においてUcamXは、リジット基板・フレキシブル基板・HDI基板の製造インダストリー向けとしては、最も新しく作成したCAMソフトウェアです。今日のマルチコアや64bitといったワークステーションテクノロジーを活用して性能やスループットに新たなスタンダードをもたらすと共に、CAMワークフローにおけるジョブ進捗度に応じて機能が変化する、巧妙で直感的に使える新ユーザーインターフェースを実現しました。

直感的操作が可能な新ユーザーインターフェース

UcamXで最も斬新なことといえば、間違いなく、新しいグラフィックユーザーインターフェースです。快適さ、操作性、利便性の面で秀でており、素晴らしいウィジェットや驚きの実行性能等にあふれています。当社ではこれを「Workspace GUI」(ワークスペースGUI)と呼んでいます。これを使うと、ジョブがCAMプロセスのどの段階に達したかという進捗状況に応じて、ダイアログやツールバーに対し異なるコンフィグレーションをレイアウト、保存、リロードできます。次の段階に入ればそれに応じたワークスペースを呼び出し、「Workspace GUI」が、ワークスペースを再整理して、すぐ作業できるように必要な機能を出しておいたり、タスクですぐ必要となる機能を全て用意しておくといった動作をします。例えば、ツールバーの複数行の配置をどうするか(隣合せか上下積み重ねか)、ツールバーアイコンから直接アクセスするプログラムはHYPERTOOLかVISUAL HYPERSCRIPTか、ダイアログの表示・非表示をする「pin bar」の場所などです。これらは全て、お客様がご自分で見ながらプログラムとの相互反応を作成していくことができます。UcamXにはそのままでも使える設定済みワークスペースがありますので、すぐ作業を開始することもできます。CAM部門で行ってきたやり方と部分的にそぐわない場合は、ドラッグ&ドロップで既存のワークスペースを調節して更なるニーズに対応させたり、一から新しいワークスペースを作成することもできます。

並行したプロセス処理

UcamXの心臓部には、新設計された64bitコアエンジンとParallel Processing(PP)と呼ばれる高機能を採用しています。これらは、ソフトウェアの驚異的なパフォーマンスを実現する鍵です。64bitのUCAMXコアは、コンピューターのメモリ容量を増大させ、レイヤ数の多いジョブや膨大なデータを滞りなく処理することができます。Parallel Processingの概念は、高効率の新アルゴリズムにより、CPUに集約するCAMタスクを、1つのマルチコアワークステーション内の個々のCPUへ分割することにより、標準的なCAMソフトウェアパッケージが要すると考えられる時間の何分の一かで完了するというものです。ワークステーションのCPUは数が多いほど、ソフトウェアのスピードがアップします

Schneider Electric SoMachine 4.1 SP1.2

SoMachine V4 -設備メーカー向けの包括的なソリューション
SoMachineソフトは1項の集積Vijeo-Designerソフトの開放、効率的な専門のソフトウェアソリューション。それは同時に集積に運動制御機器の配置と伝送ツール。それに61131-3標準の言語を備えIEC機能を集積現場バス配置プログラム、専門家の診断機能や故障デバッグ機能や、メンテナンスと可視化などの多重の機能。利点:拡張が豊富で、器用に応用して、高価格は、安定性と信頼性の高い。
SoMachine Basic -使用は便利で、上手にショートカットのプログラミングソフト
ユーザーフレンドリーな、上手にショートカット:簡略化のインターフェースデザイン、手軽に必要な情報を提供して多機能、仕事の効率アップ。
SoMachineソフトがお施耐德電気柔軟な拡張のプラットフォームにすべて制御完成部品のプログラミング、調整は、設備メーカー向けの包括的なソリューション、助けのあなたの要求によって設備を最適化自動制御ソリューション。
SoMachine Basic – SoMachine Basicソフトウェア設計新奇な、非常に使いやすく、プロジェクト開発期間短縮あなた、ソフトウェアのナビゲーション簡単直観。
適用施耐德OEM PLC、HMI、Motion、VSDのソフトウェアプラットフォーム
SoMachine V4 -柔軟な拡張のプラットフォームを含む制御:

コントローラ:

– HMIコントローラ:HMI SCU、XBT GC、XBT GT /GK
– Modiconプログラマブルコントローラ:M208、M218、M238、M241、M251やM258
-運動コントローラ:Modicon LMC 058
-式制御カード:日本Altivar集積

I / Oモジュールシリーズ:

– Modiconモジュール:提供TM2、TM3、TM4、TM5やTM7などのモジュール

HMI:

-小型コントロールパネルMagelisTM STO / STU
-高級コントロールパネルMagelisTTMのめす/GK/ GT
-の最も先進的なコントロールパネルMagelisTM GTO
SoMachine Basic – 1にModiconM221体型や本型プログラマブルコントローラの開発プロジェクト

Agilent.Advanced Design System (ADS) 2015.01 RFシステム設計と

ADS電子設計自動化(EDAソフトフルネームをAdvanced Design Systemは、アメリカ安捷伦(Agilent)会社に生産を持つ電子オートメーションのソフトウェアの設計、ADS機能は十分に強大で、時間を含む回路シミュレーション(SPICE-like Simulation)、週波数領域回路シミュレーション(Harmonic Balance、Linear Analysis)、3次元電磁シミュレーション(冒険Simulation)、通信システムシミュレーション(コミュニケーションSystem Simulation)とデジタル信号処理シミュレーション設計(DSP);支持RFシステム設計と開発のすべてのタイプのRF設計技師、簡単から複雑まで、離散のRFモジュール用/マイクロ波まで通信と宇宙/国防の集積MMIC、今国内各大学や研究所が最も多く利用しているマイクロ波/ RF回路と通信システムシミュレーションソフトウェアソフトウェア。
またAgilent会社と多くの半導体メーカーの協力をADS Design Kitやe供な設計者使用。利用者が利用できDesign Kit及びソフトウェアエミュレーション通信システムの機能を計画、設計と評価、およびMMIC / RFIC、アナログとデジタル回路設計。上記のシミュレーションの設計機能のほか、ADSソフトもサポートデザインなど機能Designガイドはタイプや指令モード模範回路やシステムの設計プロセスでは、Simulation Wizardステップ式インタフェース回路設計と分析を行う。ADSも提供と他のEDAソフト、例えばSPICE、Mentor GraphicsのModelSim、CadenceのNC-Verilog、Mathworks Matlabのなどして協シミュレーション(Co-Simulation)に加え、豊富な素子の応用モデルLibraryや測定/検証機器間の接続機能を増加することができ、回路とシステム設計の便利性、速度と正確性

ANSYS Electromagnetics Suite 16.2

ANSYSは電磁シミュレーションソフトウェア業界の案内者から、供給回路級からシステム級のシミュレーションツール。我々のシステムエンジニアに頼りになるシミュレーション製品と電気の磁界の設計と解器通信ネットワークシステム、集積回路(ICs)、プリント配線板(PCBs)や機電設備。
ANSYS信号完備性設計ソフトウェア設計高速シリアルチャネル、パラレルバスや現代の高速電子機器の完整な電力分配システムの理想的なツール。
私たちのRF、電子レンジやアンテナ設計ソフトウェアエンジニアを助けることができるデザイン、シミュレーションと検証通信システム、モバイル機器、コンピュータ、ラジオやレーダーでの高週波モジュールとアンテナ。
機電、電気電子とメカトロニクスツールは完成自動車、航空宇宙と工業自動化の市場でモジュールシステム設計と業界基準。

DIgSILENT PowerFactory 15.1.6 電力系統解析

統合電力システム信頼性解析ツールと柔軟なシステムの機能を兼ね備えた状態のモデリング、芸術解法アルゴリズムと独特のデータベース管理概念です。

DIgSILENT PowerFactory計算機能の主要な機能を提供して、データ・モデルとデータ管理システムへの拡張である。それは改善された視覚化の機能が付属して、新しいモデルとアルゴリズムを解く。新たに強化された分布解析ツールの高度なネットワーク分析と経済的評価と最適化手法を統合します。可変負荷のためのその豊かなモデリング能力とpvのような分散型発電と燃料電池、風力発電と蓄電池を完全に、powerfactoryますますスマートグリッドのネットワーク計画と作業研究に適している。

DIgSILENT PowerFactory他のハイライトを含みます:
トポロジーのネットワーク構造の可視化のための地理図と強化ツール
最適電力供給回復機能
バランスとアンバランスなネットワークのための強化された信頼性評価
・双方向電力流のための電圧分布の最適化
アークフラッシュ計算(ieee1584 nfpa 70 e)を含むラベル印刷
自動ケーブルサイズ(iec 60364-5-52 nf c15-100 nf c13-200、bs 7671等)
静的運動開始のシミュレーション
モジュールの走査のシミュレーション
グリッド拡大戦略の技術的経済的評価
mv負荷モデル、二次変電所などの新しいと改善されたモデルは、単相の静的生成とpllモデル、容量性電圧変圧器、改良されたケーブルのパラメータ計算等
キャッシュの再同期とローカルのデータベースのオフラインモード、自動規則ベースのデータベース管理
ビデオ・プレゼンテーションによる新しい包括的な現実の応用例

See Electrical 7R2–電気設計

See Electrical 7R2は1項の学び易く使いやすい電気設計ソフトウェアは、近似AutoCADのソフトウェアと操作方法、価格性能比は高い。電気の技師は特別訓練。SEE Electircal提供のリアルタイムや自動生成機能、結合の信頼できる技術に適用される管理項目と多種の表のリスト。SEE Electircal使用32位ウィンドウズ、互換性の現在のすべてSEE Electircal Windowsのすべての機能や命令はもっぱら電気工事設計。直感的なインターフェースが利用者の研修を通じて短いすぐ入門。

IAR Embedded Workbench for ARM 7.40

IAR Embedded Workbenchはマイクロプロセサを開発の統合開発環境(以下IAR EW)、支持ARM社、AVRなど、MSP430チップカーネルプラットフォーム。
EWARMに含まれる全ソフトのシミュレーションプログラム(simulator)。ユーザーは必要ないハードウェア支援はアナログ各種ARM社コア、外部機器の動作環境も中断。中から理解できると評価IAR EWARMの機能と使用方法。
IAR EWARMの主な特徴は次の通り[ 3 ]:
1、高度の最適化のIAR ARM社C / C ++ Compiler
2、IAR ARM社Assembler
3、1つの共通のIAR XLINK Linker
4、IAR XARとXLIBますプログラムとIAR DLIB C / C ++ライブラリ
5、強力なエディター
6、プロジェクトの管理器
7、コマンド行ユーティリティプログラム
8、IAR C-SPYデバッガー(先進的な高級言語デバッガー)
IAR・システムズは組み込みシステム開発ツールやサービスのサプライヤー[ 2 ]。会社成立1983年、提供する製品は、C / C ++コンパイラやデバッガーの統合開発環境(IDE)、リアルタイムOSやミドルウェア、開発キット、ハードウェアエミュレータや状態機のモデリングツール。